ようこそおいでやす、寺町専門店会商店街




アーケード


Counter


『何や歳こんな歳tエイッ暑気払い』

『人にやさしく、歴史が生きた現代のまちに』
理事長似顔絵 寺町専門店会商店街振興組合
理事長 村上 征隆
寺町専門店会のホームページへようこそお尋ねいただきました。

寺町通り御池から三条の間に60軒のお店が古都京都の中心「和のエリア」として、地元の人にも旅行者にも親しまれております。
法華宗大本山 本能寺、大和天河弁財天を分祠する 天性寺、愛らしいぬいぐるみの地蔵の 矢田寺、三つのお寺のある商店街として、お寺の行事とともに共存共栄をめざす歴史のある専門店会、加えて近年和洋絵画と幅広いジャンルの画廊が文化の香りを放っています。

8月に入ると京都の街は、お盆の準備行事が始まります。
毎年8月7日〜10日には「六道まいり」で珍皇寺の迎え鐘を撞いて、高野槙の葉に乗った先祖の霊をお迎えします。
8月13日〜16日の盂蘭盆(うらぼん)には各家でお仏壇にお精霊(おしょらい)さんをお祀りして、16日の大文字の送り火と寺町三条の矢田地蔵尊の送り鐘を撞いて、ご先祖の霊を送る風習があります。
20日前後には市内各町内会で地蔵盆があり、子供達やお年寄りがお地蔵さんの前で大数珠を廻して家内安全を念じ、子供達はゲームやおやつをもらって、夏休みの最後を楽しませる、町役員さん達の大仕事のイベントで夏の終わりを迎えます。
こんな昔からの風習を受け継ぎ伝えるのも、私たちの大事な務めではと思います。

平成15年5月に開設しましたホームページもたくさんのアクセスをいただいて感激です。
ぜひ商店街へも足をお運びいただければ嬉しく歓迎いたします。
2017・盛夏